女の人

理想の顔になるための方法

鏡を見る人

専門クリニックで簡単美容

一重や奥二重の人にとって、パッチリした大きな二重は憧れでもあります。しかし、そのような元来の目の形状を、メイクで補うのには限界があります。そこで、そのようなコンプレックスを解消させるために活躍するのが美容整形クリニックです。美容整形クリニックで手術を行えば、短時間で簡単に理想の目を手に入れることが出来ます。また、整形の方法には様々な方法があります。ここでは、大きく分けて4つの方法を紹介します。まず一つ目が、埋没法と呼ばれる方法です。埋没法は、一番簡単で、メスを使わない手術です。特殊な糸を使ってラインを固定し、しわを作ります。糸をはずせば元通りに戻すことも可能ですので、まずは試しにやってみたい、というような人にもおすすめです。また、整形手術をしたということを回りになるべく知られたくないという人にもおすすめです。物理的にメスでラインを作るわけではないので、不自然な仕上がりになることはないからです。基本的に糸をはずさない限り、効果は持続します。ただし、何らかの理由で糸がはずれてしまうというリスクもあります。保障期間内であれば、手術のやり直しは可能ですので、チェックしておくようにしましょう。二つ目が、目元形成という方法です。目元形成では、眉毛の下から目の周りにかけて、メスで皮膚を切開し、理想の目を作り上げるという方法です。切開する場所や切り取る量などは、こうなりたいという理想に合わせて変えることが出来ます。若干タレ目にしたい、ツリ目を治したい、といったような細かな要望も叶えることが出来る方法です。直接皮膚にメスを入れるため、一度手術を行えば、効果は永久的に持続します。三つ目が、眼瞼下垂と呼ばれる方法です。これは、まぶたが垂れさがり、一重、または二重であってもそれがつぶれて一重のように見えてしまっている場合に有効な手術です。まぶたをメスで切り取り、筋肉を縫い付けることで、垂れ下がっていたまぶたをスッキリ見せることが出来ます。そうすることで、本来の二重を綺麗に呼び戻すことが出来ます。またこの手術と平行して、切開法や目元形成手術を行うということも可能です。一度の手術で、20年程度効果は持続すると言われています。四つ目が、切開法と呼ばれる方法です。切開法は目元形成と似ていますが、基本的にメスを入れるのは、二重にしたいラインのみとなります。直接皮膚に切り込みを入れてラインを作り出すため、とてもクッキリしたラインにすることが可能です。目元形成の手術と同じく、効果はほぼ永久に続きます。以上が、二重の手術の主な方法です。なりたい理想の目や、予算によって自分に合う方法は異なります。自分のしたい手術方法の口コミや、クリニックの口コミなどを参考にして、理想の手術のイメージをつけておきましょう。またクリニック選びについても、なるべく実績があり口コミも良いところを探すのがおすすめです。実績が多い分、それだけ様々な目の形に対応出来るということが分かるからです。口コミを参考に自分にぴったりのクリニック、手術方法を見つけ、理想の二重を手に入れて美容を楽しみましょう。